Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】戦争と平和(ロシア文学)

しばらく更新していなかったので、近況報告的なものから。。。
それはまだ冬の寒い日の事でした。

(上司)お前、最近、たるんでないか?
    俺は、平均点の人間はいらないんだ。(もちろんそれ以下は・・・?)

尊敬して已まない上司の一言でしたので、ちょっと心を入れ替えて業務に励みまして、
気づいたら、春の木漏れ日が眩しい季節になっておりました。
引退とかあんまり意識してなかったんですが、PSUの皆様、特に学生さん達は
今どうしているのか気になってはいるんですよ。
久々にblogチェックすると引退されている方もいらっしゃるようで、
時間が経つのは早いものです。


以下、本文

「戦争と平和」



先ず最初に私が誤解していたこと。
戦争と平和というタイトルから、同じロシア文学のドフトエフスキーの「罪と罰」みたいな文体で、
ひたすらに戦争の悲劇を憂い、平和への願いを込めた人類学、あるいは哲学的な内容かと
勘違いしていたので、スタートから騙されました。

簡単に説明すると、
「戦争と平和」とは、19世紀初頭に於けるナポレオン戦争をロシア側の視点で見た大河ドラマと言えるでしょう。

主人公は3名でいずれも(フィクションの)ロシアの貴族。
それぞれがナポレオンが現れた時代に混迷するロシアで時に戦場で、
時に社交界で、華々しく生き抜きます。

内容は大河ドラマなので、歴史関係の知識が重要ですね。
ナポレオンが主人公の「章」があるので、
なぜナポレオンがロシア遠征したのかの背景であったり、
例えば、当時のロシア貴族がフランス語を話す理由とか、
それらを知らないとただの難解歴史小説と化すでしょう。

自称「濫読家」の私としては、文庫本6冊なんて
あっさり読み終わると思っていたら、「第一巻の内容」を理解するのに苦労して、
3回も「第一巻」を最初から読み直しましたよ、えぇ。

なぜ、3回も「第一巻」を読み返したか?
理由
主人公が3人。世界は重なる部分もあるが、共有(ロシアという括りでは共有か?)しておらず、
主人公が変わる度に新しい「世界」と「人」と「状況」が出てくる。
しかも、序章(前置き)とか説明(解説)とか無し。
初めてこの作品読む私は、理解不能の超展開に、
2巻へ進む勇気無くして読み直す。

理由
登場人物が多い。しかも解説なしに新しい人が「親しげに」出てくる。
あれ、この人、どの主人公のどういう関係者!?
理由
場面が突然変わる。「部」毎に確かにお話の切れ目がありますが、
国語の授業では。前後の関係を常々意識するように「勉強」させられたので、
「部」で切れて全く新しい話から始まると、「超展開」としか呼べません。
推理小説ではよくある「超展開」も推理小説なら許容範囲ですが・・・。
歴史小説ものに「超展開」なんて理解に苦しみます。

読み比べると、上記の「藤沼 貴」氏の訳本は所々で解説が入るので読みやすいです。
この作品に限れば、解説なしの訳本は、「苦行」と言えるでしょう。
この「藤沼氏」訳本は、コラムや地図が充実していて、作品鑑賞にとても役立ちます。
訳者があとがき(Q&Aというかたちです)で、解説しているのも理解を助けます。

トルストイ氏は、他の人が読むときにどう読むか(理解するか)、全く考えずに書いたと分かる「名著」。
でも一旦それを乗り越えて、内容を理解すれば、この作品が評価される理由が分かると思います。

こんな方にオススメ
(1)読書に時間を掛けても惜しくない人
(2)歴史、戦争、恋愛、宗教、政治、哲学と幅広いジャンルに対応出来る人
(3)ハッピーエンドじゃなくても平気な人(ネタバレ反転)

あけましておめでとうございます

謹賀新年
謹んで新春のお祝いを申し上げます。
本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。


ちょっと硬い文章で始まりましたが、
ここからは昨年の事を振り返ってみようと思います。

昨年の夏(7月)はPSU966メンバーでお泊りで遊んだりと
とても充実していた気がします。
その後、9月以降は公私共に失速気味というか
真面目な話題は省略(ぇ

さて、昨年はPSU以外で熱心にやったものって少ないのですが、
セブンスドラゴンやオーディンスフィアは1ヶ月くらいずつ
PSUから離れてまで熱中してましたね。
特にオーディンスフィアはストーリーが気になって一気に進めてました。
BGMもよかったので、つい衝動買い。

Amazonで試聴も出来るようなので、よかったらどうぞ。
流行としては昨年夏にドラクエ9が発売され、昨年末にはFF13が発売と
RPGでは話題が事欠かなかったようですが、
それ以外はあんまりって気がしますね(?)


定点観測

メインよりE2の「くらりねっと」のが成長してしまったのはイベントのせいです。
最近はログイン数も減ってますが、レベル上限開放もないようなので、
大丈夫ですよね(?)
サンタ服だけはなんとか回収しました。
みんな結構着てるみたいだけど、今はどうなんでしょう?

今年は(世の中も含めて)良い年になりますように(祈

カジノオンラインその後

ようやくイベント始まりましたね。

GRM・ヨウメイ・テノラ グラール最大の決戦
http://phantasystaruniverse.jp/event/makerrace2009/


と言いながら、週末でも都会ユニの星が少ないので「大団円のはじまり」の予感・・・?
ストーリーはエピソード3が完結しているので、PSPo2に紐付く
新エピソードか定期的なイベントでも配信しないと、モチベーションが(以下略

さてさて、私がPSUで目標として続けた事は、
「4種族レベル上げ」
「カジノコイン金100枚」
「チャレンジ的なミッションで(自己)満足な結果を出す」
辺りでしょうか。

最後の目標である「カジノコイン金100枚」は、そろそろ諦めようかと・・・。
後学の為にカジノに関するまとめを以下に記します。
という訳で今更ながらカジノで遊んでます。

現時点のコイン枚数
091227_00.jpg
金11枚銀55枚銅00枚

個人的な結果から導かれるオススメは、
効率の良さ
モバイルポーカー>ルーレット>スロット

安定して勝てる上に、負けてもあんまり痛くないモバイルポーカーを推奨ですね。
ルーレットは後述の手を使えばそれなりに儲かりますが、宿命としていつか負けます。
スロットは1時間粘って銅スロットで、銀+2枚行けば良い方でしょうか。
銀スロットだと金+1枚くらいです。
出玉率からすると、スロットは基本マイナス収支なので、狙う時はご覚悟を。

瞬間的な収益力
ルーレット>スロット>モバイルポーカー
私の経験では、ポーカーは、安定性がよい代わりに瞬間的に利益が出てもせいぜい銀20枚です。
ルーレットは、逆マーチンゲール法による「わらしべ長者作戦」で基本底なしなのが強みです。
スロットは、ガッポガッポ次第ですが、私は見たことありません。
カジノが過疎の今、ガッポガッポは期待出来ないでしょうね。
・・・ちなみに「カジノでフィーバーイベント」の頃は、銀スロットで金200枚の世界でした。
今でも名残で金スロットには金貨400枚が詰まっていました(ユニ1)。
(金スロットを安定して回すなら、金貨100枚は必要と予想=大損するので回避推奨です。)


夢を見るなら、ルーレットが一番。

PSUのカジノは他の有名なオンラインカジノと同じソフトで動いていると思われます。
ユーザーが負ける仕組みでも組み込まれていそうな気がしましたが、
赤に金貨1枚、黒に金貨2枚同時に掛けてもいきなり「0」が出たりはしませんでした。
・・・逆に普通に黒が当たったりして(苦笑
まぁ、故意にユーザーが負ける仕組みを組み込む意味がないですけどね。


先ず、ルーレットで稼ぐなら、以下の二つがオススメです。
(1)逆マーチンゲール法による「わらしべ長者」作戦
(2)連続で同じ目がでる確率は「約3%以下」を利用する作戦

(1)の場合、銀貨10枚くらいからはじめるのを推奨します。
赤黒の50%かハイ(19~36)&ロー(1~18)の50%を狙います。
PSUだとハイ&ローはベットするのに一苦労ですが、
PSUルーレットは1~36が綺麗に並んでいるので、
心理的に赤黒よりストレスがありません。
赤黒は直前でずれたりとよく涙が出ますが・・・。
ハイ&ローは、
勝てる時ははっきり分かります。
※説明の為に赤黒賭けを例に挙げてますが、「ハイ&ロー」を推奨します。

そんなわらしべ長者作戦はこんな感じ。
銀10枚を黒or赤へ→1勝(銀20枚)→銀20枚を黒or赤へ→2連勝(銀40枚)
→銀40枚を黒or赤へ→3連勝(銀80枚)→銀80枚を黒or赤へ→4連勝(金1枚銀60枚)
→金1枚銀60枚を黒or赤へ→5連勝(金3枚銀20枚)

元手が銀10なのを考えると大儲けですが、基本は負けますので、注意。
あくまで夢をみるための作戦です!!
PSUカジノで累計20時間くらい遊んでますが、
私は過去4回くらい5連勝に成功してます。
その20倍くらい1回目で負けてます。(現実)

(2)は上に比べると確実。でもたまに大敗しますので注意。
スタートは銀36枚(単価=銀1枚)からを推奨。
1~36の内、「直前に来た目」「0」を外して、銀を1枚ずつ35枚掛ける。
図は一例。(単価3枚)
091227_01.jpg091227_02.jpg

例えば、上のように赤の17番が来たなら、「1~12」と「25~36」に12枚ずつ賭け、
赤の17を除いて、13~24までに銀貨1枚ずつ賭けます。
すると余程の凶運でもない限り、銀1枚利益が出ます。
直前とその直前まで外すと「0」と合わせて3箇所、利益は銀2枚って感じです。
あとはお好みで調整をどうぞ。

オンラインカジノではよく使われる手段だそうです。
単価を上げると利益も増えますが、PSUカジノはベットするのが大変(涙
単価を銀10枚でやると短時間でかなり稼げます。10分で金貨1枚くらい。
でも5~30回に1回くらいは連続で同じ目が来るので、注意!!

カジノをこんなに遊びつくしたのに、儲けが少ないのは、運の波があるせいです。
・・・まさかの2連続とか「0」とか(涙

【読書】文学少女と死にたがりの道化

最近、PSUはカジノオンラインのみ。
金コイン100枚に向けて、7度目の挑戦中。
もうすぐブログ開設1年なのに、ここに来てペースダウン。
気ままに書くのが長く続けるコツだと悟りました(ぇ

PSPo2も発売され、PSUとの連動ミッションは予想通りのソロミッションに辟易。
これで1ヶ月くらいPSU本編から離れ気味。
年末でやることも多くので、丁度良いかもしれませんね。

継続中のカジノオンラインの結果はまたいずれ・・・。



さて、「文学少女シリーズ」は累計100万部以上売れているライトノベルの話題作です。
「文学少女と死にたがりの道化」はその第1作目になります。
ストーリーはなかなか面白いのですが、人を選ぶ作品だと感じました。
「文学少女と死にたがりの道化」は、大雑把にいうと太宰治の「人間失格」を
モチーフにしたパロディミステリー学園ライトノベルでしょうか。
これだけでも読む人を選びそうな作品なのに、売れているから不思議です。

推測ですが、
ストーリー自体が、「人間失格」を読んでいなくても、
分かるような工夫がされており、
ミステリー部分も犯人を推測しやすいので、
万人受けするのではないでしょうかね?

こんな方にオススメ
太宰作品に多少共感する、興味がある方
⇒太宰作品を愛して止まない方と太宰作品に興味ない方には非推奨。
(この作品は太宰をモチーフにしたパロディなので、怒りを覚えるか、作品自体に興味が沸かないはず?)
文学少女というフレーズに親近感が沸く、あるいは惹かれる方。
自分で小説を書いてみた経験がある方。


ヒュマ子もやればできる<ガンテクター編>

キャスト、ビースト以外での輪廻ソロクリアに挑戦。
昨日の記事でも書きましたが、ガンテクターは出来る子です。

ビーストなら、無敵ナノブラストを使いつつ高火力のφGで無難にクリア出来ますが、
ヒュマ子だと無敵ナノブラストがない分、φGでは相当辛そうなので、
ヒュマ子らしく、複合職のガンテクターで挑戦して来ました。

ミスなしのSクリアが目標でしたが、日曜、月曜で
合計3度ソロで挑戦しても、ミスなしクリアは無理でした。

後、見直すとすれば、立ち回りでしょうか?
時間掛けてでも、逃回る方が正解だと思います。
ビーストだと、ナノブラストが決まれば、一気に反撃に出るんですが(苦笑

PTでやるときは、キャリガイン、デルナディアンなど大型を除けば、
逃回る必要ないので、楽なんですが・・・。



取り合えず、クリアしたキャラクターについては、
特に目立ったカスタマイズはしてません。
(最近、お店番でしたから・・・。)
一応、ロングボウPA+とダブルセイバーPA+を一段階取得してます。

ソロで注意するべきは、大型に囲まれない事。
特に・・・。
ステージ4=ザムヴァパス
同時に4、5体出て、即死はしないが、囲まれるとトリメイトがみるみる減ります。

ステージ5=カマトウズ
吹き飛ばしPAやライフルPA31~で組し易いが、一撃が重く、囲まれれば即死の可能性あり。

ステージ7=ウバクラダ
ソロだと、逃回るのに一苦労。前衛職なら、それほどでもないですが、
後衛職だとバレット耐性があり、一苦労。テクだと硬直するので、ソロでは論外。
やはり、囲まれるとトリメイトがみるみる減ります。

ステージ8=デルナディアン
一撃がとても重く、大抵攻撃を食らえば瞬殺されると思って良いかも。
囲まれたら、スケープドールが3~4個無くなります。

ステージ9=キャリガイン
昔に比べて、氷結し難くなった印象。
メギド、突進、衝撃波、ダムフォイエとどれも即死攻撃クラス。
強化型はトルネードダンスでも怯むだけなので、遠くから削るのが吉。
ラストに3体で登場するので、ソロの場合、先ず1匹は接近戦が必要と考えて良いかも・・・。

ステージ10=スヴァルタス、ルタス・ジッガ
1体だけならば、衝撃波、フォイエに注意すれば、動きは読みやすい。
しかし、癖のあるマップに加えてラッピー・ポレックが後門の狼として襲いかかる。
ガンナーで戦う時は、感染させると、逃回ってる内に倒せて幸せ。
φGでもソロの時は、クロスボウとTハンドガンで動き回りながら戦うのを推奨。
焦り(短期決戦)は失敗の基。

ステージ11=アダーナ・デガーナ
ミッションの都合、マシンガン、キャノン砲、ミサイル全ての攻撃が即死攻撃クラスに格上げ。
ソロだとレスタされるだけでも辛い。
無論、ソロの場合、ガンナーであっても悠長に遠くから、狙撃するのは無理。
多少、運要素もありますが、延々と回り続けるパターンに入れば、勝利は目前。
その場合、時間を掛けて、削るのが吉。
モーションの長いPAだと、パターンを抜けてしまうので、厳禁。


最後に

091116_00.jpg
ソロでもラヴィス=ブレイドは出る模様。


Appendix

プロフィール

Claris

Author:Claris
PSUで探し物をしています。
きっと素敵な何かが見つかると信じて
PSU・ブログ

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。