FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://clarisworks.blog54.fc2.com/tb.php/94-43ab6544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【読書】善悪の彼岸


先週のK&Kの日は、公用で行けなくて残念でした。
結局、模擬戦も行ってないので、具体的にどんなゲームなのかな?
そのうち、また機会はあると信じて・・・。

さて、今回はフリードリヒ・ニーチェの本です。
はっきり言って難解です。
知識の為の知識。哲学の名を借りた遊びです。
・・・私はそんな遊びが好きです
学生だった頃に読んで、今、改めて見直してみようと思いました。。。マル

この本をより難解にしているのは、文体。
内容は、ニーチェのメモ書きと言っても過言ではありません。

なぜ、ニーチェがこの著作を善悪の彼岸と名づけたのかはっきりと述べてませんが、
善悪を超えた真理への積極的な探求といった所でしょうか。

この本の難解さを簡単に説明させて頂きますと・・・。

第153節-愛よりなされたことは、つねに善悪の彼岸に起る。

私の個人的な解釈
愛の為に行われた行動は、善行であっても、例え悪行であっても、
それを善悪の物差しで計る(評価する)所から、離れた(超越した)所に存在する。

え、分かりにくいです?
つまり、Love is ALLって事ですよ(嘘

こんな感じで、ニーチェ自身は全く解説を入れないので、オススメしません。
でも、そんな所に惹かれた貴方は読んでみる事をオススメします。
あ、後ニーチェは女性について酷い事たくさん書いてますので、注意

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://clarisworks.blog54.fc2.com/tb.php/94-43ab6544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Claris

Author:Claris
PSUで探し物をしています。
きっと素敵な何かが見つかると信じて
PSU・ブログ

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。